住み継ぐ・・・
昨年竣工した現場が落合にある。
そこはかつて造り酒屋として、賑わったところ・・・。
c0175197_13385987.jpg
時代の流れの中で、住み手を失いひっそりと息を潜めるように建っていた屋敷。

それを一企業の社長が、朽ちて廃屋化する建物を、高い意識のもと甦らせてくれた。

行政の力に頼ることなく、
地域に開放した場所として新たに息を吹き返した。

二年の歳月を費やして改修工事したかなり広い建物で、主屋・離れ・酒蔵・米蔵、さらに郵便局として機能していた洋館まである。

この10月に一周年記念コンサートを開催することもあって、久しぶりにメンテナンスも兼ねて、現場に寄った。

さすがだった・・・!!

住んでいるわけではないのに、行届いた手入れがされていて、竣工した時以上に
美しかった。

新築にしても、リフォームにしても、最初が綺麗なのは当たり前の話。

でも月日を重ねる程に、馴染んで良くなることは少ない。

庭木ひとつとっても、朽ち果てていた頃からは想像できないくらい、瑞々しく手入れが
されていて、どれだけの手間隙を掛けているのかと思うと、本当に頭が下がる。

またそれを楽しんでいる様子は、まさに見習うべき姿だと思った。

c0175197_1353378.jpgc0175197_13564930.jpg
[PR]
by presente | 2008-09-20 13:39 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
<< 彼岸花の咲く頃 灯りの効果 >>