日本の文化に触れる
c0175197_1116386.jpg昨日はお茶のお稽古の日。

最初の頃は
何とかしてサボりたいと思っていて
少しも覚えられなかった。
といってもひと月に一度のお稽古で
季節ごとに替わるお点前の作法
など覚えられるわけもなく
毎回新鮮な思いで
お稽古に望んでいた。

でも何だかんだと今では
お茶のお稽古が楽しくなってきたから不思議!
覚えの悪い社中に
何度も繰り返り教えてくれる先生には本当に感謝だ。

最近では
毎回お稽古に、季節に合った着物を着て行く心がけ
・・・かなり優等生(自己評価)

日本の奥深いおもてなしの心や、侘びと寂びの世界

お点前の作法よりも、それが大切で難しいことを教えてくれる。
茶道を通じて、日本の美意識はすごい!と改めて知った。

何百万円もするお茶碗やお道具は
私の庶民感覚からは大きくずれていて、未だ勉強不足のまま。

それでも
客人をもてなす心や設えは、究極の美学だと思う。
昔から伝わる行事や、四季の花や鳥
五感を研ぎ澄ませ、季節の移ろいを演出し、道具を選ぶ。 
粋で、豊かな日本の文化を知らずに大人になってしまったけど
今からでも遅くない・・・。

日本人ってすごい!
[PR]
by presente | 2008-09-12 11:14 | お茶のお稽古
<< 灯りの効果 自然の恵みに感謝する >>