HARU
ふと周りを見渡すと・・・が咲いていた。 いつの間にか庭の木々や下草も一気に芽吹き始めていて、心に余裕がない自分に気付く・・・。
c0175197_9314891.jpg
c0175197_9352349.jpg夕方松濤園さんから『春』が届いた。
銘は“日永-ひなが-”
このところバタバタと仕事に追われていたワタシ・・・
和菓子ですっかり癒された・・・

透き通る羽根は羊羹で出来ていて、虫眼鏡がいるくらい繊細。
松濤園さんも良寛茶会のお菓子や、去年大好評だった『菓子百花』の準備等で、超多忙なはずなのに、なんでそんなに出来ちゃうんだろう?

単純にキャパシティの違いでしょうか? ちょっぴり反省しつつ『春』をいただいた。
[PR]
by presente | 2011-04-05 09:31 | 季節を感じて
<< 進む現場・・・ 長居チャリティマッチ!! >>