虫明港を回って・・・
いつも時間に余裕がなくて、現場の往復の際なかなか寄り道が出来ない。

県外の現場の時も、せっかく近くにいろいろと見所があっても、ついついまた来るし・・・
って思っている内に、竣工してしまいチャンスを失う場合が多い。

でもこの前は、たまに帰るルートを変えてみようかなという気になった。
ちょっと心に余裕があったのかな~ぁ?

現場から虫明港を回って帰ってみた。
(お茶の先生が虫明焼のいい水指を持っているのだ=余談だが。)

カメラマンになった気分で面白い景色をパシャ!

c0175197_20405927.jpgc0175197_20412631.jpg











虫明港は牡蠣の養殖で有名なのに何でホタテの貝殻が山積みなんだろう?と思って調べたら、このホタテの貝殻は稚貝が一番付着しやすい・・・要するにたねの植え付けに最適な牡蠣のベッドなんだとか!
ふ~ん。 知らなかった・・・!

右側は、今はもう使われていない耐火煉瓦工場?の煙突を見事に覆うツタ!
何とな~く哀愁が漂っているような感じがしたり・・・してない?
[PR]
by presente | 2009-07-23 20:40 | 季節を感じて
<< ツバメの巣立ち 梅雨の合い間の棟上 >>