木守り・・・
京都の大徳寺のお茶会に出掛けた。

赤く染まったモミジと、黄色に色付いたイチョウが丁度見ごろで、ベストシーズンだった。

茶席の中で“木守り”という言葉が出てきたのが、何となく気に掛かった。
茶杓の銘だったか、忘れてしまったけど、後から聞いてみると、柿の木とかひとつだけ
わざと残しておく実のことを“木守り”と言うらしい。

それは来年もよく実るようにという祈りを込めて・・・。

去ってゆく季節の名残を慈しむ、日本人の細やかな感性に触れた気がした。

c0175197_13324538.jpgc0175197_13351876.jpg
[PR]
by presente | 2008-12-02 13:32 | 季節を感じて
<< ミタタケコンサート 秋の彩り >>