<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ガレージハウス完成!!
念願のガレージハウスが完成した。
車が大好きで、日常の生活の中で、常に車を眺めて暮らしたいという希望が大前提の基に、計画がスタートした。
c0175197_681570.jpg
一階部分は可能な限り白を基調に、生活感を排除し無機質なイメージに仕上げた。 私にとって今までにないスタイリッシュな仕上げであり、納まりだったので、かなりなチャレンジ・・・。
c0175197_683780.jpg
二階部分は、シンプルながら木のぬくもりを加味させて、キッチンを中心に広がり、デッキへとつながっている。 写真は子供室のロフトから撮ったところ。
c0175197_691311.jpg
c0175197_6131040.jpgダイニングは二階の床レベルから80㎝高く上げ、居間からガレージの車が見えるように設計。

その分キッチンからの眺めがアップし、まさに司令塔のように家の中心となった。

仕事に、趣味に、それぞれの生活スタイルを尊重しながらも、家族の気配が感じられる、そんな家を作りたかった。

c0175197_623914.jpg十人十色・・・どんな暮らし方を望んでいるのか、またこんな風に暮らして欲しいという提案もプラスして、設計していく。


人が集まり、賑やかなホームパーティのシーンや、子供たちが走り回る姿が浮かんでくる・・・。
趣味好みが明確ながら、遊び心をちりばめた、とても羨ましい住宅の形。

c0175197_64955.jpg
愛着が湧く家は、手を掛けたくなる・・・好循環で磨かれ育っていくに違いない。
 
まさに私の永遠のテーマ『住育』と言うのはそういうことで、家が人を育て、人が家を育てる・・・生活の基盤は暮らしが整うということだから。

c0175197_6573487.jpgダイニングから続く家事コーナーは主婦の夢・・・自分だけのスペースがあるっていうのは嬉しい。 

そのうち子供が学校から帰ってからの宿題の場所に取られちゃうかもしれないけど・・・それもアリかな!!

家づくりとは、設計図面が、工務店または職人の手によって形になり、住まい手によって育っていく・・・幸せなリレーだと思う。
素敵なクライアントに出会い、素晴らしい仕事仲間と家づくりが出来た幸せをつくづく感じる・・・。

                   設計ユニット:意匠舎OKAYAMA
[PR]
by presente | 2012-11-26 08:06 | 建築デザイン
Happy Wedding・・・♡
暖かな秋晴れの日、無事に息子の結婚式が森の邸宅『彩音』で行われた。
忙しい仕事の合間にひたすら準備に明け暮れている姿を見ていたので、無事にこの日を迎えることが出来ただけで本当に嬉しかった。
c0175197_1123040.jpg
祭り男の息子・・・何から何まで自分達で企画し準備を進めていたのはいいけど、さすがに当日ギリギリまでバタバタと・・・おかげでどんな結婚式になるか楽しみよりも不安の方が大きかった~^^;

いざ終わってみれば、アットホームでオリジナル色満載の二人ならではのウエディングになったよう♪
c0175197_1124626.jpgc0175197_113447.jpgc0175197_1135875.jpg

























彼女にサプライズ!!
同僚と組んでいるらしい『オヤジバンド』のメンバーで、一曲演奏・・・!!
息子達が小さかった頃、男の子が楽器が弾けたらカッコいいかも!そんな母の単純な(不純な?)動機でピアノとサックスを習わせていたのが、こんな大切な場面で役に立つとは・・・?
c0175197_1142472.jpg
c0175197_1144585.jpgc0175197_115579.jpgc0175197_1153226.jpgc0175197_11887.jpgc0175197_12405655.jpgそして息子へのサプライズは、森の中に響く『乾杯』の唄の大合唱♪
ソロあり、合唱あり・・・事前に息子の同僚から協力の依頼があり、両親が唄うソロのパートも準備されていると・・・。

多少音程を外すのはノープロブレム?・・・「彼はきっと泣きますよ!!」と言う同僚の期待を裏切ることなく、息子の目には大粒の涙・・・。

優しく涙を拭いてくれる彼女を見ていると、これからの人生を笑顔でいっぱいにして欲しいと心から思った・・・。
別々の人生を歩んできた二人が、縁あって寄り添い共に生きてゆくと決めた若い二人・・・、どうか大切なものを見失わないで、ゆっくり丁寧に人生を紡いでいって欲しいと願う。

遠く離れた岡山の地に来てくれてありがとう。
これからも二人の幸せを願って、ずっとずっと・・・見守っているから。

そして未熟な二人を支えてくれている人々に心から感謝したい・・・。
[PR]
by presente | 2012-11-08 15:56 | 出逢い・縁