<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
セレブ的お料理教室
梅雨の真っ只中と言うのに、このところの暑さはどうなの・・・(><)
去年の暑さが厳しかっただけに、今年もあんなに暑くなるかと思うと、今から夏バテしそうな気分になってくる!

そこで・・・、夏を元気に乗り切る為に、お野菜をいっぱい使ったお料理をレクチャーしてもらって“食べる”という幸せなセミナーのお誘いに二つ返事で参加した。

c0175197_1424980.jpgc0175197_14244357.jpg
c0175197_1425975.jpgc0175197_14253669.jpg
夏に限らないけど、やっぱりお野菜をしっかり摂取するって言うのが基本ね!!

この会は池田促成青果の池田さんのセレクトした夏野菜を使って、それを西畑芳泉園の超美人母娘がレクチャーしながら料理をして、ワタシは“食べる人”と言う、至ってセレブ的な、そして楽チンなセミナー!!
c0175197_14262759.jpg
茄子・玉葱・ズッキーニ・ピーマン・パプリカなど夏野菜をたっぷり使った『ラタツゥイュ』や生春巻き、メロンジュースなどなど・・・。
記すまでもなく、すごく美味しかった!!!

『ラタツゥイュ』のトマトソースを作るポイントやアレンジ方法は、簡単なのに目からウロコ・・・すぐに試してみたくなる。

さっ、今日から反省して野菜中心の食事を心がけよう!
[PR]
by presente | 2011-06-29 14:26 | グルメ
和菓子創りにトライ!!!
今日は、4月に発足したばかりの『茶究楽会・チャクラエ』と言う、カジュアルにお茶を楽しむ会“その弐”で「和菓子を創って一服」と題した企画に参加して来た。
c0175197_18182927.jpg
c0175197_1819162.jpg
まず、目の前でヘラを使って創る和菓子・・・それも四季折々12ヶ月分を一気に実演して見せてくれた。
それはそれは鮮やかで、手際よく(プロですもんね~!!)季節感ありありの和菓子が並んでいくと、みんなの歓声がさらに増していったのは言うまでもない・・・。
c0175197_18192557.jpgc0175197_18194540.jpg
下二枚の写真は、殆んど準備してくれていたので、創ったというのもお恥ずかしい限りではあるけど・・・マギレモなく和菓子の形にしたのはワタシ!!

どうでしょう? 
菊の方は、ヘラ使いが難しく、先生のとはかなり違うけど、そこは雰囲気!雰囲気!・・・それっぽいってことで満足なのだ。^^;

和菓子を創ったと言うより、久々に工作の授業を思い出した・・・楽しいひと時だった。

            『松涛園』さん、お世話になりました♪♪♪
[PR]
by presente | 2011-06-26 18:37 | グルメ
石見銀山
店舗のテナント工事がひと段落したのと、19日で“高速料金・休日上限1000円”が終わるということもあり、世界遺産に登録されている『石見銀山』に行ってきた。

c0175197_14243563.jpgかつて銀鉱山で栄えた町は、産業の衰退とともに静かな町へとその姿を変えつつも、遺跡や武家屋敷・寺院などが自然の中に溶け込んだ、ノスタルジックな町だった。

ちょうど前日に降った雨で、紫陽花が瑞々しさを増して咲き乱れていた・・・。

c0175197_14284058.jpg
【羅漢寺・五百羅漢】
中には501体の羅漢像が安置されている。
五百羅漢とは、お釈迦様に従っていた五百人のお弟子さんの彫像で、世間一般の感情や欲望等は超越しているけど、仏や菩薩の境地には未だ到達せず・・・といった我々人間と仏との間の存在なんですって。

c0175197_14331240.jpgc0175197_1433404.jpg
c0175197_14345468.jpg時計が止まったような町並みに、ポツンポツンとお洒落なCafeや雑貨屋が点在している。
さっきもお茶したけど、仕事柄そこは外せないので~ 
と・・・またまたお茶time♪♪

c0175197_14352186.jpg
梅雨の合い間の天候に恵まれ、石見銀山は半日見て回るのにちょうどいい規模、往時に想いを馳せながらゆっくり散策した。

軒先に咲いていた・・・これは八重咲きのどくだみで、“ヤエドクダミ”と言うらしい。
初めて見た・・・。

さて、次はどこの世界遺産を見に行こうかしら?
[PR]
by presente | 2011-06-20 14:25 |
店舗完成・・・!!
c0175197_2349554.jpg
c0175197_23493248.jpg
c0175197_23495452.jpg

店舗工事としては珍しく時間も手間も掛けたラウンジがこの程やっと完成し、20日がグランドオープン。

束の間・・・自分のお店を作っているようにな気になって楽しかった。

立地に恵まれたビル1階の東南角地で、街中ながら緑豊かな場所。
アプローチ脇の花壇スペースには、お店の名前にちなんで『林檎の木』を植えた。

動線や収納量、高さや仕上材・・・これ!と言う正解を探りながら、考えられる限り考えたつもりだけど、本当に難しい・・・。

これからお客さまに心地いいお店として喜んでもらえるだろうか?
ついに完成なのか、やっと完成なのか、複雑な気分の設計士の手を離れ、華やかに・・・艶やかに・・・輝きを増していって欲しいと願う。
[PR]
by presente | 2011-06-10 23:49 | 建築デザイン