<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2008年最後の竣工現場
2008年もいよいよ終わりだ。

一年の過ぎ行くスピードについて行けなくて・・・今年の初めにした仕事は、遙か前のことのようで、昨日の行動さえ思い出すのに時間がかかる・・・。
それって別の意味でヤバイこと?

暗澹たる時代に、何か一筋の明かりを見つけたいと切に思う。

来年こそは、日本全体が元気になればいいな!
c0175197_1242426.jpg

この写真は、年末ギリギリにやっと竣工した現場。

改修工事だけど、実は借家・・・。
日の当たる縁側に座ると、懐かしく穏やかな時間が流れる。

ほんの数十年前の暮らしを見直すだけで、失った何かが取り戻せそうな気がする。

2009年こそ・・・幸せな日本でありますように・・・。
[PR]
by presente | 2008-12-30 13:01 | 建築デザイン
夕日がきれい
c0175197_15435564.jpg

この度、イギリスのバイクメーカーである『トライアンフ』が早島インター近くに
OPENした。

津山にバイクSHOP『パドック』を新築したのが三年前。
『トライアンフ岡山』の拠点を岡山の中心へ移し、また新たな展開だ。

三年前・・・
バイクのメーカーさえ知らない私に、新しいSHOPのプロデュースを任せた・・・
なんて無謀なオーナー・・・でもそれが出来るのはオーナーに力のある証拠なのかも。

現に、今回のSHOPはオーナー自らの施工で、私の出る幕はなかったものの、
小さいながらもいいSHOPが完成した。

窓から見える夕日は何とも言えず綺麗で、殺伐とした不安だらけの時代であることを
つかの間忘れさせてくれる・・・。
[PR]
by presente | 2008-12-25 16:05 | 季節を感じて
ミタタケコンサート
c0175197_15302352.jpg

先日ミタタケのコンサートに行った。

ミタタケとは見田さんと佐野さんのユニット・・・

26歳の二人・・・何故か昭和な二人・・・

ハーモニカとギターの音色と、どこか切なく澄んだ佐野さんの声・・・

また会いたくなる、そんな真っ直ぐで自然体の二人。
[PR]
by presente | 2008-12-25 14:59 | 音楽・芸術
木守り・・・
京都の大徳寺のお茶会に出掛けた。

赤く染まったモミジと、黄色に色付いたイチョウが丁度見ごろで、ベストシーズンだった。

茶席の中で“木守り”という言葉が出てきたのが、何となく気に掛かった。
茶杓の銘だったか、忘れてしまったけど、後から聞いてみると、柿の木とかひとつだけ
わざと残しておく実のことを“木守り”と言うらしい。

それは来年もよく実るようにという祈りを込めて・・・。

去ってゆく季節の名残を慈しむ、日本人の細やかな感性に触れた気がした。

c0175197_13324538.jpgc0175197_13351876.jpg
[PR]
by presente | 2008-12-02 13:32 | 季節を感じて