カテゴリ:建築デザイン( 62 )
リバーサイドHOUSE
c0175197_4511580.jpg
清流のほとりに位置し、四季折々の息吹を日々の暮らしに感じることのできる、絶好のロケーションに恵まれた住宅が、この程改修工事を終え無事に完成した。

c0175197_4515862.jpgc0175197_4522185.jpgc0175197_4524585.jpgc0175197_453421.jpg
自宅にいながらにしてCafe気分が味わえる、羨ましい環境・・・。
設計士がどんなにいいデザインをしても、ロケーションの良さにはかなわない。
せめて、恵まれた環境を生かすべく、最良の効果を引き出さなくてはと思う。

新築、改修工事ともに、目指すのは『和でもなく、洋でもなく、古くもなく、新しくもなく・・・』 言わばノージャンル。
表現としておかしいかもしれないけど、新築なのに新築っぽくないとか、改修工事したのに最初からそうだったかのような錯覚をしちゃう・・・そんな家づくりがしたいと常日頃思っている。

理想は“馴染む”ってことかな?
環境に馴染む・・・古いモノに馴染む・・・暮らしに馴染む。

目立たないけど気になる、そんな家をつくりたいなと・・・。
c0175197_453457.jpg
c0175197_454323.jpg
川のせせらぎを聴きながら、春にはキッチンの出窓から見える桜が、夏には川向こうの花火が、秋には土手の柿の木がたわわに実る場所・・・そしてこれからの冬はどんな風景を楽しませてくれるだろうか!?

クライアントをはじめとして、かかわってくださった全ての方々に心から感謝して・・・。

                設計ユニット:意匠舎OKAYAMA
[PR]
by presente | 2012-12-02 05:57 | 建築デザイン
ガレージハウス完成!!
念願のガレージハウスが完成した。
車が大好きで、日常の生活の中で、常に車を眺めて暮らしたいという希望が大前提の基に、計画がスタートした。
c0175197_681570.jpg
一階部分は可能な限り白を基調に、生活感を排除し無機質なイメージに仕上げた。 私にとって今までにないスタイリッシュな仕上げであり、納まりだったので、かなりなチャレンジ・・・。
c0175197_683780.jpg
二階部分は、シンプルながら木のぬくもりを加味させて、キッチンを中心に広がり、デッキへとつながっている。 写真は子供室のロフトから撮ったところ。
c0175197_691311.jpg
c0175197_6131040.jpgダイニングは二階の床レベルから80㎝高く上げ、居間からガレージの車が見えるように設計。

その分キッチンからの眺めがアップし、まさに司令塔のように家の中心となった。

仕事に、趣味に、それぞれの生活スタイルを尊重しながらも、家族の気配が感じられる、そんな家を作りたかった。

c0175197_623914.jpg十人十色・・・どんな暮らし方を望んでいるのか、またこんな風に暮らして欲しいという提案もプラスして、設計していく。


人が集まり、賑やかなホームパーティのシーンや、子供たちが走り回る姿が浮かんでくる・・・。
趣味好みが明確ながら、遊び心をちりばめた、とても羨ましい住宅の形。

c0175197_64955.jpg
愛着が湧く家は、手を掛けたくなる・・・好循環で磨かれ育っていくに違いない。
 
まさに私の永遠のテーマ『住育』と言うのはそういうことで、家が人を育て、人が家を育てる・・・生活の基盤は暮らしが整うということだから。

c0175197_6573487.jpgダイニングから続く家事コーナーは主婦の夢・・・自分だけのスペースがあるっていうのは嬉しい。 

そのうち子供が学校から帰ってからの宿題の場所に取られちゃうかもしれないけど・・・それもアリかな!!

家づくりとは、設計図面が、工務店または職人の手によって形になり、住まい手によって育っていく・・・幸せなリレーだと思う。
素敵なクライアントに出会い、素晴らしい仕事仲間と家づくりが出来た幸せをつくづく感じる・・・。

                   設計ユニット:意匠舎OKAYAMA
[PR]
by presente | 2012-11-26 08:06 | 建築デザイン
新築工事②・・・ガレージハウス編
梅雨の真っ只中の上棟・・・ギリギリまで天気が一番心配だったけど、やっぱり日頃の行いが良かったのでしょうか?・・・晴れました!!
(注:誰の行いが良かったのかは追求しないでください・・・^^;)
c0175197_123564.jpg
にしても・・・曇りの予報を外れて青空が広がり、まさに“五月晴れ”
気持ちのいい上棟日和となりました。

通りがかりの小学生が、「高~っ!! しかもデカい!!」って・・・興味深々な眼差し。
聞けば某TV番組の『ビフォー・アフター』を見るのが大好きだとか?

もしかして私以上に、現場に日参してくれるかも・・・ネ!
[PR]
by presente | 2012-06-27 12:23 | 建築デザイン
2007年改修工事・・・続編
c0175197_1838495.jpg
c0175197_1824327.jpg2007年に居間・食堂・浴室・洗面・便所・・・要するに和室以外のリフォームの設計をさせてもらった現場。

2012年再びの改修工事。
c0175197_18245996.jpg
今回は屋根の葺き替えと2007年に、手を入れなかった和室の改修。

近い将来・・・生活の場を1階に集中したいこともあって、和室を洋間に改修して、現在
2階に置いてある仏壇も1階に移したいという希望を形にする・・・。

また、仏壇を新しくするのなら造り付けにした方が、すっきり収まるので、椅子に腰かけて手を合わせられる寸法でデザイン。

両サイドは、お盆用の組立式の台や、花瓶等の収納スペースとし、仏具等を一式仕舞えるようにした。

c0175197_1830847.jpg




c0175197_18324684.jpg
アップした下2枚の写真は2007年の改修工事のBefor・After・・・。
レトロモダンな居間も良かったけど、畳半分の長さを南に広げ天井を上げたことで、感覚的な効果は実際の面積以上に広く感じられる。

少しづつ暮らしに馴染み、住まい手と一緒に育つ家を提案し続けていきたいと思う・・・。
[PR]
by presente | 2012-06-22 21:46 | 建築デザイン
新築工事①・・・ガレージハウス編
薫風・・・風かおる季節。

新築工事がスタート!! 解体が終わり杭工事が始まった。
築40年あまりの古家を壊し、新たに終の棲家を建てる。

c0175197_1633991.jpgc0175197_1635939.jpg
c0175197_726377.jpg
インナーガレージにしたいというのが第一希望でPLANがスタート。

暮らし方は10人10色・・・100人いれば100通りの暮らし方がある。
土地の広さ、立地条件、環境、家族構成・・・趣味や好みが違うのだから、それはあたり前のことなんだけど、今回は土地も広く、条件は有利ながら、生活エリアを2階に配置し、2階部分の居間と食堂にも80センチの段差を設け、2階に居ながらにして大好きな車を見ながら暮らせるというのがポイント!

2階の居間から広いデッキテラスを繋げることで、大きな開口部を作ることができ、より開放的で明るい生活スペースになる・・・はず。

ちらちらと進捗状況をアップしたいと思っているので、お楽しみに~♪♪
[PR]
by presente | 2012-05-26 07:30 | 建築デザイン
世界遺産を訪ねて in姫路
c0175197_2312794.jpg
寒さも若干緩んだ週末、『姫路城』へ行ってきた。
現在は大天守の保存修理中で、通常では見れない大屋根や最上層を 外側から間近に見ることが出来る貴重なチャンス。

「昭和の大修理」から約半世紀が過ぎ、傷みや汚れが目立つようになり、『世界文化遺産である姫路城』を次の世代へ、築城時そのままの美しい姿で引き継ぐ為の、大規模な修理工事の真っ最中なのだ。
c0175197_2384569.jpgc0175197_23988.jpgc0175197_2393536.jpgc0175197_2395960.jpg膨大な数の瓦を番付してから丁寧に剥し、瓦は基本再利用とし全面葺き直す。
壁の漆喰は上層部の傷みが激しい為、下地からの修理。
モニターに映し出される作業の様子は気が遠くなるような繰り返しだ。

平成21年から始まった修理工事は約5年・・・もうひとつの目的は技術の継承だ。
400年の時空を超えて今の時代に「匠の技」を伝え続ける。

権力の象徴であるお城・・・戦が当たり前だったその時代に生まれなくて良かった。
不景気で先行き不安な時代だけど、今の日本は平和には違いないのだから・・・。
[PR]
by presente | 2012-02-13 00:04 | 建築デザイン
竣工間近・・・
昨年秋から始まった改修工事もほぼ大詰め・・・。
築80年を軽く超えた民家は、風雪に耐えながらも家族を見守り続けてきた。
c0175197_23141884.jpg
下屋の屋根を葺き替え、湿気や動線の不便さを解消し、家族と共に刻んだ歴史の鼓動は新たに・・・そして力強く打ち始めている。

蔵の改修へと続くけど、母屋の工事はほぼ終わる。
いつも現場に顔を出せば、美味しい珈琲を入れてくれ、おしゃべり出来る時間が何よりも楽しく救われた・・・寒い時期でもあり、不便な生活を強いられ、さぞかしストレスだろうに。

後少し・・・蔵の改修が終わる頃には、寒さも緩み春が訪れているかしら・・・。
[PR]
by presente | 2012-02-07 23:31 | 建築デザイン
2012年の年賀状
「ぷれせんて」の年賀状は、その前の一年間の仕事を振り返るつもりで、竣工した現場の写真を使ったデザインにしている。

かな~り毎年悩みながら・・・それでも楽しみながら・・・けどいつもタイムリミットギリギリの印刷発注となる。
2012年の年賀状はコレ・・・(↓)
c0175197_2061410.jpg
写真の写りが勝負みたいなところがあるので、年末のデザインの決め手は竣工した時にどれだけ写真を撮っておくかに左右されることになるの。。。^^;

毎年の年賀状を並べると物件のインデックスになるので、眺めているとついこの前のことのように、いろいろなことが思い出される。

新築にしても、改修工事にしても、また店舗にしても、二つと同じケースはないから、毎回毎回本当に勉強の連続。

けど仕事が楽しいと思えることは幸せだ。
お施主さんに喜んでもらえるよう今年も頑張りますっっっ!!
[PR]
by presente | 2012-01-07 22:00 | 建築デザイン
10周年のノベルティ
c0175197_1571611.jpg
10周年の記念にノベルティを作ってみた・・・。

小ロットで対応してくれる、オリジナルのノベルティはないものかと、あれこれ考えてたどり着いたのがこれ!!

お水「阿蘇のメイスイ」だと誰でも好みなく飲めるし、無駄にならないし・・・なかなかGOODアイデアでしょ~~~っ♪♪(^^)v
[PR]
by presente | 2011-10-21 15:24 | 建築デザイン
ぷれせんて10th・Anniversary
c0175197_18104517.jpg
2001年10月15日に『ぷれせんてINOKAWA建築デザイン事務所』を開設してから丸10年が経つ・・・ホントにあっと言う間だった。

何もわからないまま、たくさんの人に助けられ、支えられてナンとか10年。
未だ軌道に乗ってないのもどうかと思うけど、仕事が楽しいと思えるのは幸せなことだとしみじみ思う。

この土曜日は久々に楽しい仲間を集めて、ウチでホームパーティを計画!!
料理の腕前もプロ並みの建築士(あさちゃん)の数々のレパートリーの中から選りすぐりのメニューと、blogにも紹介させてもらっているエルニドさんのお蕎麦などなど・・・♪

周りを巻き込んでのドンチャン騒ぎ?
賑やかな夜になりそう!!

PS.上の写真は今までの仕事をまとめた小冊子で、スタッフでもあるグラフィックデザイナーのサエコさんが一冊ずつ作っています。ご希望の方がいらっしゃいましたらご一報くださいね・・・お送りしますよ。
[PR]
by presente | 2011-10-13 18:30 | 建築デザイン