カテゴリ:『住育~jyuuiku~』のススメ( 11 )
二十数年前の春・・・
春の匂い・・・土の中から生命力に満ち溢れた草花や虫たちが一斉に溢れ出す。

綿菓子みたいに薄ピンク色に染まる桜を 今か今かと待ちわびるこの頃。
束の間、華やかに春を彩り、余韻を残さず散ってしまう桜・・・。

週末はカメラ片手に桜を撮りに行こうかな。
c0175197_13294964.jpg
写真の整理をしていて見つけた二十数年前の一枚。
上の息子が幼稚園に入園する前に作った通園バックや座布団カバー。
子供の成長を楽しみながら、ワクワクしながら手作りしたあの頃が懐かしくも愛おしい。

一日の大半を子育てに費やしていたあの頃、見ていたのは・・・まぎれもなく家族のこと。
いつしか仕事のウエイトが大きくなり責任もそれなりに比例し、育児や家事をチャチャっとこなすようになり、家族のことは見ている気になっていただけかも。

言い訳しても始まらないけど・・・今よりずっと若かったのに毎日がクタクタだった。
学校のこと、家のこと、仕事のこと、子供の習い事のこと、役員のこと・・・沢山のことがこまごまとあって、ひとつのことに集中できたらどんなに楽だろうと思ったものだ。

でも過ぎて思うのは、もっとちゃんとやっておけば良かったって云う反省ばかり。
今の方がずっと気持ちに余裕あるし・・・あの頃に戻れたら、ちゃんと「いいママ」やれるよな・・・絶対に!!(今更おそいっ!!ちゅーネン・・・^^;)
[PR]
by presente | 2013-03-25 18:27 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
薪ストーブのある暮らし
薪のパチパチとはぜる音、ゆらめく炎を眺めながら家族と過ごす時間・・・小さい頃に絵本でみたシーンだ。
憧れの薪ストーブのある暮らし・・・。
エアコンやファンヒーターと違って、ジワ~っと体の芯が温まる。
c0175197_524776.jpg
c0175197_23233214.jpg
日曜日に『HICKORY』さんで開催された「薪ストーブで焼くピザ」のデモンストレーションに行ってきました!!
http://www.hickory-stove.jp

焼く時間はわずか5分程度。
手際よく数種類のピザが焼き上がり、あまりにもピザが美味しかったのと、お洒落な空間の雰囲気にすっかり感化され、ムチャクチャ薪ストーブが欲しくなった。

我家のどこに設置しようか・・・MORSOがいいかなぁ?それともJOTUL?・・・いやいやその前に夫を説得するのが先やろ・・・^^;

c0175197_23242098.jpgc0175197_23244583.jpg急速に暮らしが便利になり、極力手入れがいらないことがヨシと云う現代の暮らしからすれば、逆行するような手間とメンテナンスが必要だけど、薪ストーブを囲む暮らしは、かつての家族や人がひとつ部屋に集まる形へと戻してくれる・・・。

便利や快適さと引き換えに失ったモノ・・・今さら昭和の生活には戻せないけど、薪ストーブの炎を見ていると、体の奥深くで休眠中の温かで懐かしい想いが呼び覚まされてくる気がした。
c0175197_23251826.jpg
いつかきっと『憧れの薪ストーブのある暮らし』を実現するぞっ・・・!!!
心に誓った2013年の始まりでしたっ!!(^0^)v
[PR]
by presente | 2013-01-22 01:21 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
コラム掲載
c0175197_21305382.jpg
今週の月曜日、岡山日日新聞にコラムが掲載されました・・・。

このblogを始めたきっかけとも言える、フィンランドとフランスへの旅行で感じた
『丁寧な暮らし』をテーマに拙い文章ではありますが載せていただきました。

800~850字にまとめるように言われていたものの、書いていたらあっと言う間に800字、900字なんて越えてしまい、読み返すと・・・う~ん?これじゃぁテーマからソレテるし・・・
すぐ書いて送ります~!と言ったものの、結局期限ギリギリになってしまった。

小学生、中学生の頃、読書感想文や作文の類・・・大嫌いでしたから・・・。
blogを続けているのも文章力を養う為!!!なんてね(汗)

伝えたいことを簡潔にまとめるって難しいな・・・ぁ・・・ぁ。
[PR]
by presente | 2011-08-31 21:37 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
片付け症候群
c0175197_1450467.jpgワタシは定期的に“片付け症候群”なるものに陥る。

それがいつなのか、実はわかっていて・・・
きまって実施図面を描く前・・・さっさと図面を描けばいいものを 必ずと言っていいほど、机や棚の中とか片付けたくなって、どうにも落ち着かなくなる。

そのまま本格的な掃除へと移行する場合が殆んどで・・・云わば現実逃避?

挙句の果て、切羽詰って図面を描くというのがいつものパターン・・・。
でもそうでもしないと集中出来ないのも事実で、自分を追い込むための儀式みたいなものかも知れない。

今回は「断捨離」に続いて、「人生がときめく片付けの魔法」、これ!おススメです!

自分で言うのもなんだけど、整理整頓を得意とする私は、書類や資料はかなり細かくファイリングして保管していた。
でもこの本を読んで・・・まさに目からウロコ!!

生半可な片付けとはちょっと違う・・・いや徹底的に・・・その代わりリバウンドなしと言った、まるでダイエット本のような内容。

今まで手間と時間を掛けて整理整頓していたのはナンだったのかと、改めて“無駄”だったことに気付かされたのだ。

かなりのスペースを何年にもわたり、陣取っていたモロモロのモノタチ・・・何回それを出して見たかなんて、言わずもがなでしょう・・・(><)

なので、全部全部ごっそり この際処分!!!
一見キチンと収納されて、スッキリ収まっていると思っていたのは、大きな勘違いだったと言うことに今さらながら気付かされてしまったのだ。

仕舞ったものを 本当に必要かどうか、もう一度見直すことはエネルギーがいることだけど、限りある住空間を 心地いい場所にするためには、絶対必要な作業だと思う・・・だってホントに身も心も軽くなる感じだもの・・・♪♪♪
c0175197_14282610.jpg
森のように茂っていたお庭の剪定も済ませ・・・愛犬ランプも昨日散髪した。
スッキリ・・・スッキリ・・・
[PR]
by presente | 2011-07-25 14:28 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
『断捨離』のススメ
最近『断捨離』という言葉をよく耳にしませんか?
「いらないモノ」や「余分なモノ」を捨て、しがらみからも離れ、気が進まないことは断る・・・要はシンプルに暮らそうということらしい。
誰もがその方がいいとわかっていても、なかなか出来ないのが現実・・・?

大掃除のこの時期、特に焦りを感じてしまう。
日頃から整理整頓を心がけているはずなのに、いざ片付けを始めると「これもいらない、あれもいらない」あっと言う間にゴミ袋がいっぱいに・・・。

引き出しの中をじっくりながめてみるだけで、いかに不要なモノが所狭しと陣取っているかに気付くのだ。

頑張り過ぎて一気にやろうと思うと絶対にくじけちゃうので、今日は引き出し一段だけとか、ここの棚を整理しようって、狭い範囲をきっちりやると無理がなく、それでいて達成感がわく・・・!

私は最近少しづつアルバムを整理している。
これは意外に時間と手間がかかるので、やる範囲を決めて取り掛かる。
昔の現像した写真って、少々ピンボケでも写りが悪くても、結構捨てれずにアルバムに
貼ってたりしていません?(すぐ人に同意を求めるくせが・・・)

それも分厚いアルバムが何冊もあって、場所を占めていたので、私の場合は一旦全部剥がして写りのいいモノだけに減らして、コンパクトなアルバムに収納し直している。

いつの日か、息子達が処分しなければならない時がきて困らないように、身の回りのモノを少なくしておきたいと年齢と共に考えるようになった。

そして“過去の自分”も“今の自分”に繋がっているのだから、大切にとっておくためにも
整理しておくことは必要かな・・・と。

ただ・・・私の場合は好きなモノに囲まれて暮らしたいと言う思いが強いので、モノが無いと言うのとは違うのだ。
・・・果たしてこれではシンプルに暮らすって言えないんじゃないかと思ったりもするけど、心地よく暮らすというのは、人それぞれ違って当然なので、自分自身で暮らし方を見つめ直し、気付くことが大切だと思うのだ。
[PR]
by presente | 2010-12-15 13:25 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
暮らし方リセット
先日プチリフォームをしたお家のご紹介・・・

「プチ」というのも既存のフローリングの床にサクラ材の無垢を張って、居間と和室のクロスを貼り替えて、カーテンを替えた程度。 間取りは一切変えていない。

その割りに劇的に暮らしぶりが変わった・・・!
c0175197_1617348.jpg
c0175197_16174195.jpg部屋数はちゃんとあるのについついって感じで、居間が生活の全てになってしまっていた・・・。
食事も団欒も寝室もひと部屋で兼ねてしまって・・・ワンルーム的な暮らし方を何とかリセットしなっくっちゃ・・・そう思っていながら、なかなか変えられないでいた。

そこでイノカワ登場ってことになった訳・・・!
c0175197_16194479.jpg
c0175197_16202751.jpg窓装飾をスッキリ収めただけで、思う以上に空間は広々・・・視覚的効果だ。

和室に押し込められていたソファはあるべき場所に・・・。
古臭いメラミン化粧板のダイニングテーブルは、天板のみ突き板に貼替えただけで、別物に変身!?

椅子も張り替えただけなので、買い替えることを思えばかなりローコストに抑えられた。
欲しいって言ってたチェストは、イギリスのアンティークをネットでチョイス。
(61,000円は安い?高い?)
ついでに額絵や小物、グリーンをセレクト・・・。
c0175197_1638526.jpgc0175197_16382621.jpg
家に居るのが楽しくなった!って言ってくれたひと言は、この仕事をやってて一番嬉しい言葉! 好きなものに囲まれて暮らすことが、どれ程心地いいか・・・。

日々の暮らし方がきっと変わってゆくはずだ。
[PR]
by presente | 2010-10-20 16:21 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
本の紹介
c0175197_1342331.jpg

二年前に民宿からCafeへ改修しOPENした、総社の『珈琲と人』に久しぶりに寄った。
ゆったりとした時間が流れているような、心地いい空間のCafeだ。

興味深い本がセレクトされていて、一人でふらっと立寄っても、マッタリとした時間を
過ごすことが出来る。

その中で気になった本を早々ネットで取寄せてみた。

最近は何でもネットで欲しいモノが探せて、GETできるからすごい!
広い本屋さんで探す手間が省けるから効率がいい・・・その分気軽に購入し過ぎるのが
難だけど・・・。

気になった本をちょっと紹介しますね!

    『鯨尺の法則』・・・長町美和子著
    日本には着物のように畳んで仕舞うとか、重ねてコンパクトに収納すると言った
    知恵がたくさんあって、季節によって建具を替えたり、設えることが日常的だった
    日本の暮らしぶりを見つめ直す内容。

    『住まいの風景』・・・中村好文著    
    建築家:中村好文氏が心惹かれたモノや道具達。
    また自らデザインした家具やインテリアを紹介した本。

実はいずれも流し読みしただけで、じっくり読んでいない・・・^^;  
GWに読むつもり・・・ちゃんと読んで感想をアップします!
[PR]
by presente | 2009-04-30 14:34 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
むかしの建具
c0175197_723456.jpg古いものが好きだ。

特にむかしの家具や建具、照明器具、それから着物とか・・・。

現在改修工事中の家にも古いものがたくさんあってワクワクする。

それを再利用して新たに息を吹き返す。

それにしても、デザインもさり気なくむかしの方が凝っていて、質感といい、色といい・・・
センスがいい。
[PR]
by presente | 2008-10-08 07:06 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
住み継ぐ・・・
昨年竣工した現場が落合にある。
そこはかつて造り酒屋として、賑わったところ・・・。
c0175197_13385987.jpg
時代の流れの中で、住み手を失いひっそりと息を潜めるように建っていた屋敷。

それを一企業の社長が、朽ちて廃屋化する建物を、高い意識のもと甦らせてくれた。

行政の力に頼ることなく、
地域に開放した場所として新たに息を吹き返した。

二年の歳月を費やして改修工事したかなり広い建物で、主屋・離れ・酒蔵・米蔵、さらに郵便局として機能していた洋館まである。

この10月に一周年記念コンサートを開催することもあって、久しぶりにメンテナンスも兼ねて、現場に寄った。

さすがだった・・・!!

住んでいるわけではないのに、行届いた手入れがされていて、竣工した時以上に
美しかった。

新築にしても、リフォームにしても、最初が綺麗なのは当たり前の話。

でも月日を重ねる程に、馴染んで良くなることは少ない。

庭木ひとつとっても、朽ち果てていた頃からは想像できないくらい、瑞々しく手入れが
されていて、どれだけの手間隙を掛けているのかと思うと、本当に頭が下がる。

またそれを楽しんでいる様子は、まさに見習うべき姿だと思った。

c0175197_1353378.jpgc0175197_13564930.jpg
[PR]
by presente | 2008-09-20 13:39 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
灯りの効果
c0175197_12114742.jpg夕暮れに家のあちらこちらからもれる灯りは
何ともいえず幸せな気分にさせてくれる。

かつての日本の灯りといえば
障子越しの灯りや
行灯などのほのかな灯りで
少しずつ夜の帳が下りてくる様子や
月明かりを楽しむような
暮らしだったはずだ・・・。

朝日とともに活動し、日が沈めば団らんの時間。
自然に逆らわず暮らせていたはずなのに
現代は夜も日中と変わらない明るさの中で
不自由なく活動できるようになった。

いったん煌々と明るい暮らしを手に入れてしまうと
薄暗い照明は鬱陶しく感じてしまう。

でも日本ほど明るく暮らしている国はないとか・・・。

確かにそうかも知れない。

そろそろ明るさから
灯りの質や雰囲気を求めた暮らしを考えたい。

我家の照明も以前に比べて
かなり照度を落とした暮らしを楽しんでいる。
スタンド照明やダウンライトを併用することで
本を読んだりするのにも支障はない。
壁を照らせば、同じ照度でも明るく感じる。

明るさは個人差があり、難しいところだが
照度を落としたことで、以前より心と体が休まるような気がする。

メイン照明を消して間接照明にするだけで、非日常的な空間になる。
光と影を生活のシーンに取り込みたい。
c0175197_12172062.jpg

     
[PR]
by presente | 2008-09-16 12:18 | 『住育~jyuuiku~』のススメ