二十数年前の春・・・
春の匂い・・・土の中から生命力に満ち溢れた草花や虫たちが一斉に溢れ出す。

綿菓子みたいに薄ピンク色に染まる桜を 今か今かと待ちわびるこの頃。
束の間、華やかに春を彩り、余韻を残さず散ってしまう桜・・・。

週末はカメラ片手に桜を撮りに行こうかな。
c0175197_13294964.jpg
写真の整理をしていて見つけた二十数年前の一枚。
上の息子が幼稚園に入園する前に作った通園バックや座布団カバー。
子供の成長を楽しみながら、ワクワクしながら手作りしたあの頃が懐かしくも愛おしい。

一日の大半を子育てに費やしていたあの頃、見ていたのは・・・まぎれもなく家族のこと。
いつしか仕事のウエイトが大きくなり責任もそれなりに比例し、育児や家事をチャチャっとこなすようになり、家族のことは見ている気になっていただけかも。

言い訳しても始まらないけど・・・今よりずっと若かったのに毎日がクタクタだった。
学校のこと、家のこと、仕事のこと、子供の習い事のこと、役員のこと・・・沢山のことがこまごまとあって、ひとつのことに集中できたらどんなに楽だろうと思ったものだ。

でも過ぎて思うのは、もっとちゃんとやっておけば良かったって云う反省ばかり。
今の方がずっと気持ちに余裕あるし・・・あの頃に戻れたら、ちゃんと「いいママ」やれるよな・・・絶対に!!(今更おそいっ!!ちゅーネン・・・^^;)
[PR]
by presente | 2013-03-25 18:27 | 『住育~jyuuiku~』のススメ
<< 写真生活 ラオスを旅して・・・ >>