倉敷の新しいスポット
倉敷の大原美術館からほど近い場所に新たなスポットが誕生。
本館は昭和9年の木造3階建ての建物を修復した、元は薬屋「林源十郎商店」である。
c0175197_22394979.jpgc0175197_2240138.jpgc0175197_224039100.jpgc0175197_22405895.jpg
『倉敷意匠』の生活雑貨スペース、カフェ、レストラン・・・さらにデニムスーツブランド『inBlue』やデニム工房等が、本館⇒母屋⇒離れ⇒蔵へと展開されていて、素敵なエリアに生まれ変わっていた。

お昼のランチは母屋を改修した創作イタリアンレストランで、中庭を眺めながら贅沢なひと時・・・♪
野菜をたっぷりと使ったヘルシーメニューなのと、器や細やかな演出はホント感動モノでした!! 特に女性におススメかな・・・(^^)V 
(注意:ゆっくりペースなので、時間に余裕を持って行ってね)
c0175197_22423120.jpg
本館二階には「林源十郎記念室」があり、製薬会社として事業を拡大した頃に製造販売していたという、薬品の数々や薬箪笥が展示されていて、改めて「倉敷の偉人」の業績を知ることとなった。
c0175197_22414546.jpg
倉敷で生まれ育った私でさえ、馴染み深い美観地区界隈を歩くと観光客気分になれるから嬉しい。
小雨降る中・・・こんな近場の“ぶらり散歩”もアリ・・・ね♪♪
[PR]
by presente | 2012-04-14 10:30 | グルメ
<< 芽吹き 桜の咲く頃 >>